本業でバタバタしているうちに、更新が一か月以上滞ってしまいました。だいぶネタも貯まりましたし、これからは週1回更新ペースを保つよう心がけますので、何とぞよろしくお願いします。
さて、前編中編に続いて、1月8日から9日に岩手県陸前高田市で開催された「はぴはぴゆめ☆ばーすでーwithゆる6in陸前高田」のレポート完結編です。0108rikuzentakata49.jpg冷たい雨が降る中、ツアーバスで出発。画像はキャピタルホテル100から見た広田湾と、震災遺構の下宿定住促進住宅です。同じく震災遺構の旧・道の駅高田松原タピック45へ。6年前の津波水位は15.1mもの高さだったそうです。0108rikuzentakata50.jpgタピック45の鉄筋部分は外形こそ残ってましたが、中は下記の通りの惨状、津波被害に息を呑みました。0108rikuzentakata51.jpg
陸前高田復興街づくり資料館では、語り部の方のお話が。淡々とした語り口と内容の過酷さのギャップに引き込まれました。自然に対して驕ることなく生きねば、と痛感。0108rikuzentakata52.jpg6年半前の酔仙酒造見学ついでに利用したこともあるタピック45の従業員が奇跡的に難を逃れていたことを今回知りましたが、語り部の方も妹さんを亡くしていますし、約3000人の死者と行方不明者が出たこの街で、せめて自分が出来ることからやっていくことを引き続き考えたいです。0108rikuzentakata53.jpg一本松茶屋で買い物をしているうちに雨が止み、奇跡の一本松へ向けて出発。0108rikuzentakata54.jpg震災遺構の陸前高田ユースホステルも、昨日の晴天時よりさらに寂しげな感じです。そんな中、奇跡の一本松の下にたかたのゆめちゃん、ふっかちゃん、えび〜にゃが集合。一気に場が華やぎますねー。0108rikuzentakata55.jpgあゆコロちゃんきらりんステッキになって、えぼし麻呂神ちゃんこと神崎隆弘さんの肩先で参加です。0108rikuzentakata56.jpgここで陸前高田を離脱。課題も多いでしょうが、着実に未来に向けて進みつつある様子を見られました。Aid TAKATA阿部さんご夫妻、スタッフさんとツアー参加の皆さん、いろいろありがとうございました!0108rikuzentakata57.jpg帰路のBRTは、たかたのゆめちゃんラッピングでした。0108rikuzentakata58.jpg到着した気仙沼駅ではホヤぼーやが出迎えてくれました。0108rikuzentakata59.jpg
市内各所にもホヤぼーやが。0108rikuzentakata60.jpg3年半前のご当地キャラ総選挙東北大会では、仙台でお世話になりました。0503sendai06.jpg復興屋台村 気仙沼横丁の「たすく」で昼メシ。漁師の賄い丼、普通盛りでも特盛りクラスでした。ハーモニカことメカジキの煮付けも絶品です。0108rikuzentakata61.jpg30年ぶりの気仙沼訪問、津波の爪痕も未だ生々しくて、様々な意味で感慨深かったです。ホヤぼーやのぬいぐるみを購入して帰途に。0108rikuzentakata62.jpg陸前高田はもちろん、気仙沼や石巻、女川など、まだまだ応援しないと。今後ともよろしくお願いします!
今回は以上です。

広告