10月15日から16日に滋賀県彦根市で開催された「ご当地キャラ博in彦根2016」に行ってきました。2008年のゆるキャラ祭りから9回目を迎える一大イベント、今年も晴天でした。1015hikone01.jpg今年は約230体が参加して、15日だけで4万人が来場したそうです。京橋ステージの開幕式には、朝から多くの人たちが。メロン熊くまモンの熊バトルも勃発しましたが(笑)、全般的にはつつがなく進行。1015hikone02.jpgこちらは有明ガタゴロウドンファンの物販ブースです。ガタちゃんは世界の名画をオマージュした新作を、ドンファンはハンドメイドの仔犬などを用意。皆さんいろいろ考えてますねー。1015hikone03.jpg雪丸(奈良県王寺町)の右は、彦根市鳥居本中学校出身の学生が江戸時代の名産だった赤玉神教丸、合羽、すいかの「三赤」にちなんで考案したさんあかレンジャーです。1015hikone04.jpgじーも(北九州市門司区)の裏に懐かしい顔が。10月から約4ヶ月ぶりに復活したお猿のくぅでした。さっそくたがゆいちゃん(滋賀県多賀町)を口説いているのが、いかにもくぅらしかったです(笑)。最初に見かけたのは9年前の彦根、今はいろいろ大変かもですが、頑張ってほしいです。1015hikone05.jpg

夢京橋キャッスルロードを下って四番町方面へ。タオルねこ たおにゃん(大阪府泉佐野市)、東近江のガオさん(滋賀県東近江市)とは初遭遇です。1015hikone06.jpgくもっくるえべチュンなど、かなり初期の頃から彦根で見かけてきたキャラたちの元気な姿も。1015hikone07.jpg今回衝撃的だったのが、とび太くんかなり本物です。二次元イラストをあえてこんな風に立体化するとは。。。(笑)1015hikone08.jpgちなみに左がとび太くん、右がとび太くんより本物です。予想の斜め上を行く謎進化を遂げてますねー(笑)。1015hikone09.jpgコアックマガタちゃんなどキャラたちも、とび太くんかなり本物との絡みを楽しんでました。1015hikone11.jpg

四番町ステージエリアに到着。歩きが苦手なキャラにとっては、京橋口との行き来が難儀な遠さですねー。えちゴン(新潟県柏崎市)やパパたこ(兵庫県明石市)を見るのは久々です。1015hikone10.jpgここで、先週の船橋イベント終了後に控室にて発見されたファンからの差し入れをゴーヤ先生に届けました。ドンファンといた和み柴っこにも挨拶を。1015hikone12.jpgあゆコロちゃん(神奈川県厚木市)と彦根初参加・フランソワーズびわ(愛知県南知多町)のツーショットは珍しいかも。しんじょう君&守時さんコンビはお馴染みです。1015hikone13.jpg

キャッスルロード、まだ朝10時頃は混雑に余裕がありました。みっけちゃんへしこちゃん(福井県美浜町)、よく考えると食物連鎖的に微妙な組み合わせでは(笑)。1015hikone14.jpg時代は違いますが、武将つながりで与一くん(栃木県大田原市)と出世大名家康君(静岡県浜松市)。後ろにさばにゃん(福井県鯖江市)が写り込んでます。こんな偶然も彦根ならですねー。1015hikone15.jpg

今回初の試み、ひこにゃんと彦根キャラたちによる曳山パレードの様子です。1015hikone16.jpg今年はひこにゃん誕生10周年、原作者と市とで著作権に関する覚書が締結されて、今まで3ポーズのみだったイラストの追加や、動画コンテンツの制作が可能となりました。2017年の彦根城築城410年祭、2024年に主会場が彦根市となる滋賀国体などへの活用もあるそうで、これからの展開が期待されます。国宝の城つながりで、しろまるひめ(兵庫県姫路市)も紹介します。1015hikone17.jpg

京橋に移動。つえみちゃん(奈良県御杖村)は2010年から活動してたそうです。1015hikone18.jpg2013年「ご当地キャラ総選挙」では各地区代表だったオカザえもんメロン熊が、静と動で対照的でした。1015hikone19.jpgこにゃん(滋賀県湖南市)、富士宮市さくやちゃん(静岡県富士宮市)。1015hikone21.jpg

再びキャッスルロードへ。ゆずがっぱ(徳島県木頭地区)とまんべくん(北海道長万部町)、そしてとっくりんアーノルドとくじろうです。1015hikone20.jpg龍王さくらちゃん(三重県津市芸濃地区)、カッパのコタロウ(墨田区北十間川)もお散歩。この時点で、スタートからまだ1時間。密度の濃さにあらためてクラクラ来ます。続きは次回にて。1015hikone22.jpg