9月10日と11日、高知県須崎市で開催された「ご当地キャラまつりin須崎2016」に行ってきました。これで三年目、前日祭には今回行けませんでしたが、須崎行きは皆勤賞です。

0910susaki01.jpg

筆者が会場に着いたのは10時半過ぎ、オープニングは9時台に終わって既に多くのキャラたちがグリーティングの真っ最中でした。今回参加キャラクターは100体を超えており、とても全てを紹介しきれません。

0910susaki02.jpg

とっくりん(徳島県徳島市)の後ろは、高知県地震体験車に描かれたじしんまんやなせたかし先生作)です。ナシロー(大分県日田市)にも遭遇。

0910susaki09.jpg

たとえばとさけんぴ(高知市)、うどん脳(香川県高松市)のように、三年連続登場している地元や近所の四国キャラたちとはだいぶお馴染み感が増し、所属市町村への興味も高まってきたように思います。

0910susaki03.jpg

お馴染みという点では、石田洋介さんステージ、今年はGCB47演奏ではありませんでしたが、多くのファンが詰め掛けて盛況でした。

0910susaki05.jpg

そして有明ガタゴロウ(佐賀県有明海)、ゴーヤ先生&ちびゴーヤ(京都府福知山市)、さぬどん(香川県)、そして9月17日にはふなばしハワイアンフェスティバルに来るホヌッピー(ハワイ)の喋れるキャラ同士のステージは、安定の滑り具合と寒さが個性を放ってました(笑)。

0910susaki04.jpg

さなせなぼなぼなちゃん&スキニー(長崎県佐世保市)、ふじっこちゃん(徳島県池田町)に交じっての高知県警マスコットキャラポリンくん・ポーリーちゃんステージは、現役警官による漫才が見事でした(笑)。

0910susaki06.jpg

今年初参加のふなっしーは、13時半からイーサキング(鹿児島県伊佐市)、ふにゃっしーしんじょう君(高知県須崎市)、カパル(埼玉県志木市)とのステージを。

0910susaki07.jpg

ふるまいキュウリ、画像で見るとインパクトありますねー(笑)。

0910susaki08.jpg

エンディング前の犬山劇場では、大崎一番太郎(声:山口勝平さん)、スパンキー(声:中谷一博さん)、ノン子(声:林りんこさん)、戸越銀次郎しんじょう君などレギュラーメンバーと一緒に、ちっちゃいおっさん(兵庫県尼崎市)とゲスト出演、銃撃されて人気ブレイク前の2012年に記憶が退行する寸劇を見せてくれました。

0910susaki10.jpg

初日のエンディングです。この日だけで45,000人、二日間で95,000人来場と過去最高を記録する空前の大盛況、とにかく暑くて熱い二日間でした。

0910susaki11.jpg

須崎市人口が平成28年3月末現在で22,814人ですから、いかに多くの人が外部から訪れたかがわかります。ちなみに昨年2015年は65,000人来場だったそうです。

0910susaki12.jpg

ふるさと納税「すさきがすきさ」応援寄附金が2014年の200万円から2015年は6億円に激増したことも今回話題になりました。

0910susaki13.jpg

ふるさとチョイス」2016年8月PV数ランキングでも、須崎市は堂々の全国3位、以前からふるさと納税の取り組みを始めていて名産物も多い市と遜色のない結果を残しています。

0910susaki14.jpg

しんじょう君をきっかけに須崎市への注目も高まった故の成果と思われますが、もちろんキャラだけでここまでの偉業を達成できる訳ではありません。この辺りの考察については次回にでも。

 

広告