7/30-31、鈴鹿8時間耐久ロードレースに行ってきました。今年で第39回目、筆者の生観戦は90年代から始まり、ここ数年はBS12でTV観戦でしたが、5年ぶりに現場復活と相成りました。

0730suzuka8_01.jpg

大会期間中の延べ入場者数は、1990年の368,500人をピークに2009年には94,000人まで減少するも、その後は微増を続け、今年は124,000人、確かに5年前よりは賑わっていました。来場者の高齢化は今も進行中ですが、ホスピタリティも確実に向上しています。

0730suzuka8_02.jpg

レースは予選、決勝ともYAMAHA FACTORY RACING TEAMが圧勝、二連覇を果たしました。詳細レポートはレスポンスなどで詳しいので、ここでは登場キャラクター関連の紹介を。

0730suzuka8_03.jpg

予選日7月30日のピットウォークでは、出世大名家康くんしっぺいが。スズキ浜松チームタイタンHonda浜松エスカルゴ&狭山レーシングヤマハ磐田レーシングファミリーの浜松・磐田が本拠地の各バイクメーカー社内チームの応援です。

0730suzuka8_04.jpg

ぽすくま日本郵便 Honda 熊本レーシングを応援。

0730suzuka8_05.jpg

エヴァRT初号機TRICKSTARとタッグを組んで7年目、エヴァレーシングチームの皆さんも変わらぬ人気ぶりでした。

0730suzuka8_06.jpg

こちらはGPスクエアステージでのシン・ゴジラお絵描き対決の様子です。なかなか壮絶な画力のかたも(笑)。

0730suzuka8_07.jpg


ピットウォーク時のコース上では、
Honda緑陽会熊本レーシングの応援団長を務めるくまモンのリアルライディングパフォーマンス「くまモンのレーシングバイクチャレンジ!」が。

0730suzuka8_08.jpg

バイクに跨る時が一番ハラハラしました(笑)

0730suzuka8_09.jpg

決勝当日7月31日のピットウォークでは、くまモンぽすくまの共演が。Honda 熊本レーシングつながりです。

0730suzuka8_10.jpg

Motorrad Rennsportを応援するリニーくん、そして8耐マンとは初遭遇でした。

0730suzuka8_11.jpg

ばくおん!!トークショーでは天野恩紗役の内山夕実さんと中野千雨役の木戸衣吹さんが登場。ばくおん!!を存じ上げないかたに簡単に紹介すると、女子高生が軽音部でバンドを組む某人気アニメのフォーマットを装いつつ、40-50代にしかわからない(であろう)、バイクあるあるネタをたっぷりまぶした佳作です。

0730suzuka8_12.jpg

昨年のキアヌ・リーブスを上回る程の観客の多さだったそうで、笑ってジンとくる、8耐の夏を満喫した素敵なトークショーでした。バイクはバカしか乗れない、名言です(笑)。残念ながら撮影禁止だったので、アマゾンブースとブリヂストンブースの画像を。熊本復興支援の願いが込められたくまモンシールも紹介しておきます。これからも応援しないと。

0730suzuka8_13.jpg

こちらは鈴鹿サーキットのオリジナルキャラ・コチラファミリーです。

0730suzuka8_14.jpg

来年は節目の40回目で、FIM 世界耐久選手権シリーズ最終戦になるそうです。スケジュール次第ですが、ぜひとも来たいところです。

0730suzuka8_15.jpg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最後に、7/29に撮影したおまけ画像です。まず新東名高速道路の浜松SAでみかけたうなぎいもと、名鉄レジャッククジャックです。

0729omake01.jpg

そして岐阜柳ケ瀬お化け屋敷「恐怖の細道」口裂け女と、案内してくれた柳ケ瀬商店街公認マスコットガール・ゆっこちゃんです。

0729omake02.jpg

ゆっこちゃん、佐藤さん、ぎふ長良川鵜飼や、川原町の舞妓さん見学も含めて、いろいろありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!

0729omake03.jpg