今週末の12/19(土)、岐阜市柳ケ瀬商店街で11時-16時に「ゆるクリ2015@YANAGASE」が開催されます。今回記事でも多数紹介した、鬼マネ・佐藤徳昭さん率いる、きゃらガ~ルゆっこちゃんをはじめとする地元の若いスタッフさんたちの頑張りがみられる手作りのイベント、今年は37体が集結するそうです。

そして同じく12/19(土)、岡山市の池田動物園では中国地方過去最大のイベント、「アニクリ」が初開催されます。こちらは50体以上が参加するそうで、こちらに詳細な情報が。筆者は間に合えばアニマルナイト終盤、そして翌日の「晴れの国へツアー」に参加予定です。いずれもスタッフさんたちは不眠不休で準備に勤しんでいることと思います。お身体にお気をつけて。
―――――――――――――――――――――――――――
11月21日-22日に羽生水郷公園で開催された「世界キャラクターさみっとin羽生2015」、前編中編に続いてレポートします。ただし、年末進行でいろいろ追われているため、今回は羽生のみ、浜松については後日あらためて。

11月22日の11時過ぎからはダンスステーションと銘打って、コアックマ&アックマ、ゴーヤ先生&みっけちゃん、タボくんバンドが登場。その頃自分は、ふにゃっしーとの再会を果たしました。

1122hanyu09.jpg

ゆっこちゃんとキャラやゲストの方たちとのショットを紹介します。まずはドームくん(埼玉県ときがわ町)、だるまちゃん(福岡県北九州市)。

1122hanyu10.jpg

ゆっふぃーこと寺嶋由芙さん、星のあまん(大阪府交野市)。

1122hanyu18.jpg

12時からは、はにゅコレ(団体戦)がスタート。

1122hanyu11.jpg

さなせなぼな(長崎県佐世保市)が、早変わりの華麗なステージを魅せてくれました。MCのミッチーさんをいじって最後は自爆してましたが(笑)。

1122hanyu12.jpg

いたっちステージにはたき坊(東京都八王子市)が。大石さんともども久々の登場です。

1122hanyu13.jpg

有明ガタゴロウ、みっけちゃん、ササダンゴン、ちょうせい豆乳くんゆるっふぃーずメンバー合同ステージには、ゆっふぃーが登場。

1122hanyu14.jpg

スカートがゆっふぃーのストッキングとお揃い柄のみっけちゃんは華麗にバレエ、ササダンゴンはしぼみ芸、ガタちゃんはすべり芸、豆乳くんは全力ソイヤ!と、各自おなじみの芸を披露。

1122hanyu15.jpg

そんなステージが進む中、近くの熱気球会場では、さまざまなキャラが束の間の空の旅を楽しんでました。

1122hanyu16.jpg

前日に続いて、さくまひできさん&石田洋介さんLIVEです。

1122hanyu17.jpg

しまねっこ(島根県)、とっくりん兄弟(徳島県)、とステージが続きます。とっくりんの真面目な地元名物紹介、なんだか新鮮でした(笑)。いいことです。

1122hanyu19.jpg

14時過ぎからは、ゆっこちゃん&鬼マネ佐藤さんによる、もとまる(岐阜県本巣市)ステージ。伝説の歌声?が聞けました(笑)。

1122hanyu20.jpg

そして、すいちゃん(大阪府堺市)ステージへと続きます。もとまるキラリン(富山県滑川市)、このツーショットは一服の清涼剤でした。

1122hanyu21.jpg

エンディングです。みっけちゃんが用意した各キャラのテーマソングに合わせて、石田さんや神崎さん、そして多くのキャラが歌ったり踊ったり。

1122hanyu22.jpg

毒舌ぶりが一部で話題のいもッキー(茨城県)も、いつの間にか壇上に。

1122hanyu23.jpg

いがまんちゃんステージでは、ゴーヤファミリーちびゴーヤに、ちびさなちびやななが奇跡の共演を。この子たちの10数年後が楽しみです。

1122hanyu24.jpg

ちなみにさなせなぼなはにゅコレ(団体戦)でベストパフォーマンス賞を受賞したそうで、おめでとうございました!

1122hanyu25.jpg

鳥立花・ハナちゃんカモ虎課長とのショットで、自分も変態キャラの仲間入りをしたような気分に(笑)。

1122hanyu26.jpg

鳥立花・ハナちゃんのパフォーマンスをご覧ください。甘い声で囁いてくれます(笑)。

1122hanyu27.jpg

閉会式を見るべくムジナもんステージに戻ると、表彰式後のキャラたちに遭遇。

1122hanyu28.jpg

やぶきじくん(福島県矢吹町)、与一くん(栃木県大田原市)、いなッピー(愛知県稲沢市)、タボくん(滋賀県)、いずれも劣らぬ見事な武将っぷりでした。

1122hanyu29.jpg
気心が知れたキャラ同士やMC・ゲストなどお馴染みメンバーによる阿吽の呼吸のステージやダンス、ゲリラライブが今年も各所で展開された羽生、さながら野外音楽フェスのご当地キャラ版で、コアファンにとっては堪らない、ホットでハンドメイド感のある魅力的な場となっていました。
常連のキャラやファン以外の視点で考えると、交通の便の悪さも含めて敷居が高い印象も与えがちかもしれませんが、毎年様々な工夫を加えてますし、次回にも期待します。

最後に、津方面の有名な御仁と遭遇。前日も見かけましたが、自らキャラを率先して演じる姿に感服しました。そして、さなせなぼなはこの時も最後までファンサービスを。大変お疲れ様でした!

1122hanyu30.jpg

広告